スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 エネルギーインフラ編 2013 - 富士経済

スマートコミュニティ関連技術 市場の現状と将来展望 エネルギーインフラ編

Add: enuxecer76 - Date: 2020-11-30 15:08:19 - Views: 9875 - Clicks: 3393

(株)富士経済は、国内のスマートコミュニティ関連市場を調査し、その結果をまとめた報告書「スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 エネルギーインフラ編、コミュニティict編」を発表した。. 8.スマートコミュニティ関連技術の標準化動向(60) 9.スマートコミュニティ・プロジェクト一覧(66) ii.集計編. 「 コネクター関連市場の現状と将来展望」は、民生機器用、自動車用、産業機器・インフラ用などに搭載されるコネクターとその構成部材市場を分析することにより、コネクター関連市場の将来展望を明確化することを目的とした。. 市場調査資料(マーケットレポート)とは 特定ビジネス分野の市場規模・企業シェア・将来予測・メジャープレイヤーの動向等など、マクロやミクロの視点から当該テーマを総合的に調査・分析。. nedo 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 本文へジャンプ すべての機能をご利用いただくにはJavascriptを有効にしてください。. 物流・搬送用 5倍の成長率見込む 富士経済は、単純労働や身体的負荷の大きな作業を代替し、人の補助として活用される業務・サービスロボットの世界市場を調査し、「 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.

外食デリバリー&テイクアウトサービス市場の将来展望 19. コミュニティict編. 【tsutaya オンラインショッピング】スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 エネルギーインフラ編 /富士. 26a4 2,000 有臨床検査市場 no. 0時代のスマートシティ構築に対応可能な、柔軟な法制度の改革が求められる。特に、要となるアーキテクチャや都市OSの標準普及のための基準策定や想定されるソリューションの実現に必要な規制緩和については、抜本的な改革が重要である。 前述の懇談会では、国家戦略特区を基に、スマートシティ向けに地域独自の規制特例を設定する枠組みが議論、提言されており、今後規制特例の具体化が進められることとなっているが、その際には、海外の法制度改革などの事例を踏まえることが有益である。 例えば、韓国では、スマートシティ構築に向けた法制度を整備している。韓国はICT政策「U-Korea」のもと、年に「ユビキタス都市(U-City)の建設に関する法律」(以下、ユビキタス都市法)を制定した。ソウルや釜山、仁川をはじめとした70以上の都市でスマートシティプロジェクトを計画・推進するも、プロジェクト間、システム間の連携不足のため、目標とされた海外輸出への貢献や企業誘致などの大きな成果を得られなかった。25この反省を踏まえ、年にユビキタス都市法を「スマートシティの造成及びその産業の振興に関する法律」へ改正し、同法を根拠に、都市OSの構築、標準化、規制緩和などの施策を推進している。具体的には、都市OSのようなスマートシティ向けプラットフォームの認証制度を制定し、韓国のICT分野の標準化機関であるTTA(Telecommunications Technology Association:韓国情報通信技術協会)が第三者審査・認証サービスを提供しており、これにより、都市OSの相互運用性・信頼性を担保している。さらに、規制緩和として、安全な実証環境を提供して技術革新の加速を促すため、個人情報の活用や自動運転など、次世代のスマートシティに求められるソリューションの実装を想定し、実証実験などを行う場合に既存法制度を適用除外とする特例を整備している。.

スマートシティにおいて、より個人の生活に寄り添ったサービスを実現するためには、パーソナルデータを利活用することが必要となる。例えば、勤め先から帰宅するとき、電車に乗ったという情報が分かれば、最寄りの駅まで自動運転車が駅まで迎えに来てくれるような時代が来るかもしれない。その際重要なのは、自分の位置情報というセンシティブな情報が信頼できる情報利用者のみに提供され、決して悪用されないということである。 現状、都市におけるパーソナルデータは、基本的に自治体、病院、民間事業者などが個別に管理し、自身のサービスのための利用するにとどまっており、第三者によるパーソナルデータの利活用は限定的である。パーソナルデータの利活用のためには、パーソナルデータを収集し、本人のコントロールの下、第三の情報利用者へ提供する情報銀行の仕組みが有効と考えられる。情報銀行を都市に適用し、情報銀行の機能をスマートシティへ取り込むことにより、サービス提供者がパーソナルデータを用いた新サービス創出や業務改革などが可能な環境を整備することが重要である。 (図表 情報銀行によるパーソナルデータ活用のイメージ24). スマートシティ構築には、自治体、地権者、デベロッパー、住民など、都市のあらゆるステークホルダーの協力が不可欠であるため、その利害調整や手続きなどに多大な労力と時間を要する。また、個人情報の利活用や自動運転等など、革新的技術の導入には、既存の法規制がハードルとなる可能性がある。スマートシティ構築の円滑な推進のためには、Society 5. 30a4 248 東京 140,000 有ディスプレイ関連市場の現状と将来展望(上巻) 19. 4倍の3兆8,008億円となる見込み。次世代交通・インフラ及びクリーンエネルギー領域が牽引する形で市場拡大する。総合マーケティング会社の富士経済が、年7月から9.

年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望: /4/17: 年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望: /3/19: 年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望: /1/24: 年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望: /11/15. 年版 リチウムイオン電池市場の現状と将来展望~材料編~ 130,000円 /05 年版 led市場の現状と将来展望 2013 ~韓国・台湾編~ 150,000円 /年版 バイオ燃料関連市場の現状と将来展望. 分野横断型のスマートシティの構築では、住民、自治体、民間事業者など多種多様なステークホルダーの共通認識構築が必要である。また、実際のスマートシティ関連のシステム実装に際しては、都市間でのシステム連携などを想定し、各個別システム間の相互運用性を担保する必要がある。これらの課題を解決するためには、スマートシティアーキテクチャの策定が必要である。 COCNでは、前述のとおりリファレンスアーキテクチャモデルを策定し、その活用を政府へ提言している。COCNのリファレンスアーキテクチャモデルは、内閣府で策定するSociety 5. 4 総合分析・企業戦略編 19. 0で生まれる、各国技術のショーケースとなっている。日本でも海外から一回り遅れはしたが、ようやく政策投資が始まろうとしている。 都市というものは人々の生活の場である。高度経済成長期のように、新たに都市を切り開いて開発していくようなグリーンフィールドでのまちづくりは、人口減少を迎える日本では一部の臨海部を除いてほぼなく、大半は既存の市街地、本コラムをご覧の皆さまがまさに暮らし、働く街が舞台となって行われることとなる。 スマートシティ構築には、自治体、地権者、デベロッパー、住民など、都市のあらゆるステークホルダーの協力が必要となる。都市計画の世界では、住民参加型まちづくり、いかに住民の声をまちづくりに反映するかが議論、研究されてきた。この10年あまりで、まちづくり協議会や、アーバンデザインセンターなどが成立し、住民、法人市民がまちづくりの主人公として参画する体勢が始まりつつあるが、全国的には、住民が積極的に自分の街の将来について考え、議論をしていくという状況には至っていない。 そのような中、内閣府の「スーパーシティ構想」の最終報告では、スーパーシティの実現において住民参画が重要と位置づけている26。そのうえで「未来社会の加速実現を行ううえでは、言うまでもなく、現行の規制との相克が生じるため」住民合意を前提としつつ「より迅速・柔軟に域内独自で規制特例を設定できる法制度を新たに整備する必要がある」としている。スーパーシティは一部の地域でスマートシティを先取りするものなので、全ての地域で上記のような域内独自の規制特例が制定されるわけではないが、日本でスマートシティの構築を進めていくなかで、住民が主人公となって自らの都市の将来像を決めていく機会は確実に増えていくと考えられる。 これまで、時間と手間がかかるまちづくりに積極的に参画する住民はごく一部であった。しかし、今後スマートシティが構築され、さまざまなサービスが登場するなか、個人の生活に寄り添ったサービスを最大限享受するためには、自分のパーソナルデータを提供するかの判断なども求められる。スマートシティの構築を進めるうえでは、新たな技術、システムの導入だけではなく、より多くの住民が積極的にまちづくりに参画できるような仕組み、仕掛けもあわせて構築し、車. 2 業務・サービスロボット市場編」をまとめた。 スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望( エネルギーインフラ編) - 富士経済 - 本の購入は楽天ブックスで。 全品送料無料! 購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. その結果を報告書「スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 」のエネルギーインフラ編、コミュニティICT編にまとめた。.

(株)富士経済は2日、「スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望」の調査結果を発表した。 同調査は、スマートコミュニティに関する製品・システムやサービスの市場を創エネ、蓄エネ、エネルギーマネジメントなどの領域か. 調査の結果、国内スマートコミュニティ関連市場で最も高い伸び率が見込まれるのが次世代交通関連。 年の市場規模は126億円だったが、年. 1.セキュリティ セキュリティ関連市場の将来展望 - 市場調査、マーケティング 年6月10日. 年セキュリティ関連市場は年比14%増の5349億円 - 富士経済 年10月1日システム、サービスの市場を調査し、その結果を報告書「セキュリティ関連市場の将来展望」にまとめ発表した。. 富士経済は、スマート コミュニティの関連市場調査を実施。その結果を報告書「スマート コミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 」のエネルギー インフラ編、コミュニティ ict編にまとめた。 スマ. 25a4 272 東京 200,000 有.

報告書では、スマートコミュニティ関連としてクリーンエネルギー領域7品目、電力貯蔵領域4品目、系統・受配電・インフラ関連領域4品目、次世代交通関連領域5品目、構成要素技術領域5品目、エネルギーマネジメント領域4品目、スマート交通領域2品目の. 0参照モデルに基づき、デジタルスマートシティの中心となる「都市経営」「地区/街区経営」に係る要素を8層に分けて定義している。 今後、政府はタスクフォースを中心として、リファレンスアーキテクチャの具体化を進めていくこととなる。このようなアーキテクチャ策定においては、コンセプトのレベルにとどまらず、システム実装面での具体化を進めることが重要である。スマートシティの分野は多岐にわたるため、複数システム間の連携の機会が増大する。その際に、標準的なAPIの採用など、システム間での相互運用性を確保するための、システム実装上のルールが必要となる。これらのルール策定にあたっては、スマートシティに係るステークホルダーの、既存の技術やシステムの現状を踏まえたうえで、特定の技術仕様にロックインされることなく、ソリューションベンダーが適正な市場競争ができるよう考慮する必要がある。 (図表 デジタルスマートシティ リファレンスアーキテクチャモデル16) さらに、日本のスマートシティの海外輸出や連携を想定し、日本発のスマートシティアーキテクチャは、既存の国際標準を踏まえる必要がある。各標準化団体では、スマートシティ構築のためのアーキテクチャの標準化を推進している。現時点では、各国際標準のアーキテクチャ間での整合性を確保の動きは見受けられないが、日本発のスマートシティアーキテクチャとして、各国際標準との整合性を取ることで、いわゆるガラパゴスではないオープンなスマートシティ市場を形成することが可能となる。 (図表 スマートシティにおけるフレームワークに係るアーキテクチャの国際標準等22) 上記のスマートシティアーキテクチャを踏まえ、データ収集や管理など、スマートシティソリューシ. ③スマートコミュニティ地域別市場推移・予測(拠点) ④スマートコミュニティ地域別市場推移・予測(金額) (3) 水ビジネスの動向と展望(世界・国内) 2. スマートコミュニティとは、電気や熱、未利用エネルギーなどのエネルギーを地域単位で統合的に管理し、交通システムなどのインフラや快適に生活するためのICT. 年版 hems市場・関連機器の実態と将来展望 - ZEH・HEMS・BEMS市場実態/予測・関連技術・デバイス - 経済産業省が、HEMS(ヘムス)導入の促進のため助成金制度を設けたなど、HEMSが注目を集めています。.

See full list on hitachiconsulting. 1)電池材料市場の現状と将来展望. コンデンサ市場・部材の実態と将来展望 スマートデバイス~コンデンサ市場実態/予測・関連部材/技術・応用製品 /スマート・デバイスグループ【1000円以上送料無料】. 年後半からの世界的な景気後退の影響で年は年から比べ大幅に取扱量は. 年版 太陽光発電市場・部材の実態と将来展望: /1/30: 再生可能エネルギー・エネルギー有効利用企業便覧 : /12/10: スマートシティの電磁環境対策: /12/7: 年版 スマートコミュニティの実態と将来展望: /11/9. 国内スマートコミュニティの現状と動向 (1) 関連官公庁の取組みについて. 美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ() - 富士経済 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!.

その結果を報告書「スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 」のエネルギーインフラ編、コミュニティict編にまとめた. 富士経済社 セキュリティ関連市場の将来展望()セキュリティ関連市場の将来展望() 最安値 ¥101,850 セキュリティ関連市場の将来展望セキュリティ関連市場の将来展望. 1倍の28兆3,739億円が予測される。 年は、風力発電、太陽光発電、バイオマス・廃棄物ガス化発電などのシステムの規模が大きく、創エネ領域が10兆円を占める。. ここまで見てきたとおり、スマートシティは第四次産業革命、Society 5. 都市は世界のエネルギーの60-70%を消費し、 温室効果ガスの60-70%を排出 経済成長の鈍化 人口・労働力減少 スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 エネルギーインフラ編 2013 - 富士経済 先進国の多くは年の経済成長率は0-2% 経済回復が雇用創出に結びつかない 都市のインフラの維持管理は、社会、環境と経済の成否を決定する.

スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 エネルギーインフラ編 2013 - 富士経済

email: sukuzor@gmail.com - phone:(835) 172-5457 x 9793

社会福祉施設処遇研究の基礎 - 瓜巣一美 - EBM透析療法 深川雅史

-> 東京ディズニーランドの魔術商法 - 田所誠
-> 販売士検定 2級 キーワード&トレーニング 平成23年 - 中谷安伸

スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 エネルギーインフラ編 2013 - 富士経済 - 心身障害児教育財団 特殊教育三十年の歩み


Sitemap 1

夫と妻・親と子の法律がわかる本 - 菊本治男 - 角屋重樹 理科から総合的な学習へ